広告効果を高めて集客UP・売上UPを実現する、あなたの会社だけの“オンリーワンな解決策”
オンリーワンな解決策とは? サービス方針 PR実績 お客様の声 サービス/料金概要 広告無料診断 Q&A お申込みからの流れ お申込み・問合せ 代表者プロフィール 注意事項
スタッフブログ

19年、7520案件以上の集大成として、
あなたのお役に立ちたいと考えています。

株式会社ニスコムジャパン
代表取締役 奈須 明夫

昭和40年(1965年)生まれ、宮崎県出身

高校卒業まで、地元、宮崎の公立高校で教師があきれるほどの超落ちこぼれで過ごす。
よせばいいのに都会の華やかさにあこがれ、東京の大学を受験するが見事に失敗。
1浪の末ようやく、東京の4流大学に入学。
ドカチン(建築関係)のバイトをしながら、やっとの思いで卒業。


大学卒業後、かろうじて採用されたのは、建設会社の住宅事業部、
ここで約3年、営業を従事。人見知りが激しく、人と話すのが苦手だった私は、営業という仕事の大変さとやりがいを知ることになる。


在職中、高校まで美術だけは得意だった私は、折込みチラシや、新聞広告といった自社の広報担当を営業のかたわら、たまたま兼任することになり、この時初めて広告というモノにたずさわることに。


あれだけ大変な思いをしながら営業しても契約が取れない自分がいるのに、何の営業努力をしなくても勝手にお客が集まってくる広告の凄さに、驚きと興味を持ち始め、勢いあまって広告業界に転職を決意する。


転職するなら、ばくぜんと広告代理店だと勝手に思い込み、広告代理店が一体どんなところなのか、まったくわからないまま、とにかく転職活動を開始。


コネも、見寄りも、お金もなかった私は、フロなし共同トイレ、4畳半のボロアパートに住みながらたぶん今の記憶で、60社は就職活動したにもかかわらず、4流大卒、業界経験まったくナシ、さらにこのコワモテの顔つき(苦笑)のおかげで、次々にもらうのは不採用通知の連絡ばかり…。


10ヶ月ほどの就職活動の末、やっと拾ってくれたのは、5〜6人のホントに小さな広告代理店でした。


やっと入った念願の広告代理店ではあったが、超が付くノルマ至上主義、そして絶対的なワンマン経営(昔ながらの軍国主義)の会社に、初めて自分の甘さ、未熟さ、世間の厳しさを痛感させられる。


大手出版社から女性誌のカラーページを買い切り、小枠にして広告を出してくれそうな顧客に、テレアポしながら広告スペースを売り歩く日々。


当初、何もわからず入社した私は、広告代理店の営業というモノは、こんなものかと思いながらも、とにかく売り歩く…。


でもなかなか売れない…、自社の買い切り枠にピタッとはまる(広告を出しても効果がありそうな)顧客はそうカンタンに見付からない…、売らなければ会社からは人間扱いされない…、でも雑誌の発売日は迫ってくる…、いつもそのジレンマのくり返し。


そうこうしてくるうちに、人間というのは恐ろしいことを考えるもので、とにかくノルマさえ決めれば、とりあえず顧客のことは二の次でいい…、そう心に言い聞かせ、効果がないことをわかっていながら、顧客にキレイごとを並べたて、さも効果があるように売り歩く自分がいたのです。


広告業界を目指した時の高い志はいつの間にかどこかへ消え去っていました。


そりゃもう罪悪感でした…。


やり続けてわかったことは、集客にたずさわるプロと呼ばれる会社(広告代理店、経営コンサルティング会社、PR会社、ホームページ制作会社など)のおよそ約9割は、過去の自分がそうだったように、顧客の売上に貢献しようなんてまったく考えない…


そもそも広告で効果を出すことに興味さえ持っていない…ということ、それがこの業界の現実であり常識だったのです。


私は、広告業界に憧れ、そして高い志を持ってこの業界に入りました。


でも気付いたら、全くそれと同じことをやっている自分がいたのです…


その当時の私は、会社というモノは、たとえ大企業であっても、お客がいなければ会社はつぶれてしまうこと、だから世の中の営業マン(中小企業で言えば経営者)の負担はとてつもなく大きい…お客さえ苦労をしないで集めることができれば、会社は必然的に大きくなる…と、若いなりに、ばくぜんとそう考えていました。


広告というものは、言い換えればトップセールスマンの代わりをするようなものですから、そうカンタンに効果を出すことは難しい(これはこの業界に入ってホントに実感しました)…。


でも、何とかして、こんな私に仕事を依頼してくれた顧客に心から喜んでもらいたい…、効果を生む広告で顧客の売上に貢献したい…というのが、私が広告業界を目指した最大の理由だったのです。


たしかに当時の私は、広告業界に対し勝手な理想を描いていたかもしれません。しかし、顧客をダマしてまで仕事を取ることが、どうしてもイヤで、イヤで…やりきれなかったのです。


それが原因で在籍した2社目の会社を退社し、3社目の広告代理店でそれなりの営業成績と、経験を積んだことから、広告代理店本来の仕事(自分の理想)をまっとうするべく、合計6年の広告代理店のサラリーマン経験を経て、32歳の時に、独立に踏み切ったのです。


独立した当初は、いろんな方々に支えられ、初めて人々の恩を痛感させられました…


早いもので独立してから、かれこれ創業13年(業界経験19年)が経過しましたが、
サラリーマン時代を含め、実際の現場で、かかわった広告の数はどんなに少なく見積もっても、総額57億円以上の広告、かかわった案件は7520以上、中小企業を専門に、広告のサポートをしてきた中小企業経営者の数は250人以上(2010年8月時点)、詳しくは会社概要をどうぞ。


そんな中、私も過去を振り返れば、掃いて捨てるほど失敗と成功をくり返してきました。
正直申しあげると若い時(20代)なんて失敗の連続…。(苦笑)


でも、仕事を依頼されたからには、1つの案件に真剣に取り組む。


そして効果を出せるよう、とにかく努力する。時には嫌われても顧客のためと思えばはっきり意見を言う、あくまで成果を出すことがプロとして顧客への一番のサービスととらえ、独立から13年間、必死で取り組んできました


最後は予測の域で作るしかない、だからどうしても失敗はつきまとう、それが広告の宿命ですが、たとえ失敗しても、それを上回るだけの成功を収めてきたつもりです。


今では、顧客の4社が、その業界で日本一と言われるまでの企業になったこと、これは当社にとっても唯一の誇りでもあります。


19年、7520以上の案件実績の集大成として、あなたのお役に立ちたいと考えています。


あなたからのご連絡お待ちしております。


お問合せ・お申込みへ
ホームへ 会社概要 お問合せ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright(C)2010 Niscom Japan. Inc, All Rights Reserved